低GI食品で高タンパク質なひよこ豆の魅力。

Pocket

こんにちは。
Holistic Delica Labo店長の【くま】です☺︎

ひよこ豆”って食べたことありますか??

日本ではそんなに馴染みのない食べ物かもしれませんが、
ひよこ豆に含まれる栄養素はとても豊富で、
その魅力について今日はお話していこうと思います☺︎

ひよこ豆とは。

 

見た目は丸く、クチバシのような出っ張りがある形をしているひよこ豆。
名前の由来はその形からではないようなのですが、
コロンとしていて可愛く、まるでヒヨコのような見た目のお豆。
ガルバンゾ”が正式名称です。

中近東や地中海沿いの地域なのでよく食べられているお豆ですが、
アメリカではセレブも愛用する食品のひとつ。
グルテンフリー食品かつ低GI食品なのが人気の理由です✧
(低GI食品とは、血糖値の上昇を緩やかにする食品のこと。)

ひよこ豆の栄養素。

▼▲ タンパク質 ▲▼

ひよこ豆は豆類特有の良質な”タンパク質”をたくさん含んでいますが、
動物性のタンパク質と比べると脂質が低いためヘルシーなところも特徴です。

ダイエット中などの不足しがちなタンパク質を補う食品として
ヘルシーなことは嬉しいですよね♡

グルテンフリーなので
ベジタリアンの人たちの大切なタンパク源としても愛用されています。

▼▲ 食物繊維 ▲▼

不溶性食物繊維”は大豆よりも多く含まれています。

不溶性食物繊維はお腹の中で水分を吸収して膨らむという特徴があるため
少しの量で満腹感が得られます✧

食物繊維は腸内環境を整える効果があるので腸活にも良いと言えます☺︎

▼▲ ビタミンB1、B2 ▲▼

その他にも
糖質や脂質をエネルギーに変える”ビタミンB1”と”ビタミンB2”。
ともにダイエットには欠かせない大切なビタミンです。

ビタミンB1は不足すると疲れやイライラの原因に、
ビタミンB2は不足すると口内炎や皮膚炎の原因にもなりかねないため
日々の食事で意識して摂りたい栄養素です。

▼▲ カルシウム、マグネシウム、亜鉛、カリウム ▲▼

ミネラル類も豊富で、
骨を作る”カルシウム”、
そのカルシウムとのバランスを調整する大切な役割のある”マグネシウム”、
新陳代謝のベースともなるミネラルの”亜鉛”など。
カリウム”も多く含むため、利尿作用にも期待ができるためむくみ対策にも◎

▼▲ イソフラボン ▲▼

大豆の有名な栄養素として知られている”イソフラボン”は
大豆に次いで多く含んでいます。

また”葉酸”は大豆の約3倍もの量を含んでいて、
女性に嬉しい栄養素もたっぷりなんです☺︎

ということで今日はひよこ豆について書いてみましたが
いかがでしたでしょうか。

カロリーは低くないものの、
白米などに比べると含まれる栄養素はとても多く
まさに美活食向きの食材なのがわかっていただけたでしょうか✧

今夜はこのひよこ豆を一晩水にさらし、
明日お料理を作ってみようと思います☺︎

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です