万能発酵調味料の塩レモンの作り方。

Pocket

こんにちは。
Holistic Delica Labo店長の【くま】です☺︎

今日は万能発酵調味料の”塩レモン”を作ってみようと思います!

万能発酵調味料【塩レモン】の作り方

用意するものは、

  • 国産レモン 2個
  • 塩 レモンの重さに対して10%から20%ぐらいの量

皮ごと使うので無農薬のものがベストですが、
国産レモンのワックス不使用のものでも。
その場合、以前紹介した
野菜の50℃洗いで下準備してから使ってみてください。

お塩は、レモンの重さに対して20%使用する事で長期保存が可能になります☺︎

ではではさっそくレモンを切っていきます。
切り方はお好みでOK✧
今回は厚めのいちょう切りにしてみました。
輪切りやくし切りなどの切り方はお料理にも飲み物にも使いやすいかもしれないですね。
みじん切りにすれば早く熟成が進むので時短にもなります☺︎

発酵調味料塩レモンとは。

そもそも塩レモンは、
モロッコの発酵調味料で”シトロンコンフィ”と言われる調味料が元なんだとか。
本場の仕込み方は切り離さないようにレモンに十字に切り込みを入れて、
間にぎっしりお塩を詰めて逆さまに。
そして瓶にぎゅうぎゅう詰めにして熟成させるんだそう。
カットせずに丸ごと作る正統派の作り方も試してみたいところです…♡

熟成させる瓶は使用する前に必ず熱湯で消毒を行います。
雑菌の繁殖を防ぐための重要な工程です。

レモンも洗ったら丁寧に水分を拭き取って水気を残さないように。

そしたら瓶に詰めていきます☺︎

塩、レモン、塩、レモン、塩…
という感じで。
時々レモンをギュギュッと押し込んで
最後にお塩を入れたら蓋をして仕込み完了✧

とっても簡単✧

レモンが水分に浸かりやすいように、使用するレモンの量によってちょうど良いサイズの瓶を選ぶと良いです☺︎

あとはじっくりじっくり…
熟成されていくのを待ちます☺︎
1週間くらいはレモン全体に水分が回るように
毎日1回瓶をひっくり返して馴染ませるのがポイント✧
レモンの液体がだんだんとろーっとしてきます♡

涼しい季節は直射日光の当たらない涼しい場所での保存でも可能ですが、
冷蔵庫で保存すれば安心です。
ただ冷蔵庫で冷やすと熟成の進行が遅くなるのでその点も覚えておくと◎

レモンの栄養素と効果。

せっかくなのでレモンのお話も。

レモンといえば”ビタミンC”の代表格。
美肌を保つには不可欠なビタミンCですが、
その半分は皮に含まれているって知ってましたか??

フィトケミカルの観点からお話しすると、
”フラボノイド”という成分は毛細血管の血管壁を強くし、血流を促す作用があります。
抗酸化作用を持つのも特徴のひとつです。

酸味成分の“クエン酸”
代謝アップにも良いので美容やダイエットにも良い成分で
疲労回復効果もあります☺︎

レモンの上手な選び方。

選ぶポイントは、艶があり、表面が滑らかなもの。
そして香りがあるものがオススメ。

美味しい塩レモンが出来上がったら何に使おうかなぁ…♡
今から楽しみだなぁ…♡
出来上がったらまた載せます☺︎

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です