カリフラワーの乳酸発酵野菜漬け。

Pocket

こんにちは。
Holistic Delica Labo店長の【くま】です☺︎

今日は”カリフラワー”を使って乳酸発酵漬けにしていこうと思います♡

カリフラワーも大好きなお野菜の一つなのですが、
なんせ茹でると柔らかくなるのがあまり好みではなく…
乳酸発酵野菜漬けなら生のままのカリフラワーを発酵させていくので
食感を残したまま旨味も栄養もプラスされるので良いとこ尽くし♡

ちなみに生でカリフラワーを食べるとコリコリした食感です。
そのため生食ならサラダやマリネにもピッタリ✧
歯応えがあるのでよく噛んで食べることにより満腹中枢も刺激されるので
ダイエット中の食事にもオススメな食材です♡

乳酸発酵漬けカリフラワーの作り方

ではさっそく作っていきます☺︎

用意したのは

  • カリフラワー 1/2株
  • 水 1.5カップ
  • 塩 小さじ1と1/2

まずは使用する保存瓶、道具の全てを熱湯消毒していきます。

カリフラワーは汚れを落とすため野菜の50℃洗いをしていきます。
やり方は過去記事で紹介しているので参考にしてみてください。

適当な大きさにカットしたら、
保存瓶に詰めて、
お塩を溶かした水をカリフラワーが浸る量を入れていきます。

瓶の蓋は上にのせるだけで密閉はせず、
常温で1日から2日発酵させていきます。

発酵が進むと気泡が浮いて白濁してきます☺︎

今時期は気温が高いので小まめに様子を見ながら
発酵状況を確認してみてください。

そのあとは蓋を閉めて冷蔵庫で保存すれば◎

乳酸発酵漬けにしておけば日持ちもするのでオススメです♡

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です