万能発酵調味料の玉ねぎ麹の作り方。

Pocket

こんにちは。
Holistic Delica Labo店長の【くま】です☺︎

今日のブログテーマは万能発酵調味料シリーズ。
今回は玉ねぎを使って作っていこうと思います。

塩麹と同様、お肉やお魚の下ごしらえに使うとコクと旨味がアップする玉ねぎ麹。
また玉ねぎに含まれる栄養素の硫化アリルなども一緒に摂ることが出来ます。
血液や血管に働きかける栄養の多い玉ねぎ。
詳しい栄養素などは過去ブログで紹介しているので参考にしていただけたらと思います☺︎

それではさっそく作っていこうと思います✧ 

万能発酵調味料【玉ねぎ麹】の作り方

用意したものは

  • 米麹 100g
  • 塩 35g
  • 玉ねぎ 2個(300gぐらい)

材料

今日は業務用スーパーで購入してきたこの乾燥米麹を使用しました。

普通のスーパーなどでよく見かけるのはみやここうじでしょうか?
インターネットでも様々な麹を購入することが出来るのでお好みの麹を探してみるのも楽しいかもしれません☺︎

 

万能発酵調味料を自宅で作る際の注意点は、必ず使用する道具は熱湯消毒すること。
まな板、包丁、保存瓶などの道具全て行います。
雑菌の繁殖を防ぐための大切な工程なので必ず行ってください。

さて、準備が整ったらまずは米麹を計量していきます。

生米麹

 

次に塩を計量して加えます。

腐敗を防ぐため、塩の量は米麹100gに対して35%ぐらいの量がオススメです。

加えたら、米麹と塩が合わさるようによくかき混ぜます。

 

玉ねぎはブレンダー等を使ってすりおろしておきます。

先ほど混ぜ合わせた米麹と塩に、すりおろした玉ねぎを水分も含め丸ごと加えます。

玉ねぎ麹

 

最後にしっかり混ぜ合わせます。

玉ねぎ麹

よくかき混ぜるとこんな感じになりました。

あとは1日1回かき混ぜて、常温で1週間ほど発酵させていきます。
今時期は気温が低いので1週間ほどおきますが、夏場の気温の上がる時期は発酵期間を短めにします。発酵具合を見ながら作ってみてください。
作り立ては玉ねぎの香りが強く感じますが、発酵が進むとだんだん米麹の香りがしてきます。

その後は冷蔵庫に入れて保存します。

玉ねぎ麹

ちなみに酵素の力で腸内環境や胃痛改善なども期待ができます。
発酵食品の力って本当に凄いです。
腸活、美容、ダイエット、免疫力を高めるなどなど嬉しい効果は様々。ストレスの多い現代社会の中、美しく健康的なガラダづくりのためにも新たな万能発酵調味料を取り入れてみてはいかがでしょうか。

出来上がったらどんなお料理を作ろう☺︎
そんなことを考えながら出来上がるのを待ちます。
今から仕上がりが楽しみです♡

ということで今週は久しぶりに万能発酵調味料シリーズでした。
いかがでしたでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございます♡

明日はまた気温が下がりお天気も曇りみたいです。
緊急事態宣言の2週間延長が決定し、まだしばらくステイホームの日々が続きそうです。
早く春が来ないかな…
暖かくなって外出できる日が来るのが待ち遠しいです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です