胃腸が弱っている朝はキャベツのスムージーでケアを。

Pocket

おはようございます。
Holistic Delica Labo店長の【くま】です☺︎

昨日少々食べ過ぎたせいで今日はなんだか胃が重い朝…
ということで胃腸をケアする”キャベツ”を使って朝ごはん作り。

過去記事でも紹介しましたが、
キャベツは生のまま食べることで効率よく”ビタミンU”を摂取できるお野菜。
胃腸の粘膜の保護、回復に働きかけてくれる成分で、
別名キャベジンとも呼ばれている栄養素がたっぷり含まれています。

またフィトケミカルの”イソチオシアネート”も
キャベツの細胞を壊すことで作られる成分なので
ジュースにするとより効果的に摂ることが出来ます☺︎
詳しい内容は過去記事にも書いているのでみてみてください✧

野菜だけでジュースを作ることもできますが、
今回はバナナも入れて甘味を足して飲みやすくしてみました♡
これで朝のエネルギー補給もバッチリ✧

キャベツスムージーの作り方

用意したものは

  • キャベツ 50g
  • バナナ 1本(凍らせたもの)
  • プレーンヨーグルト 60g
  • 牛乳 50ml
  • お好みでハチミツ

ブレンダーで材料を混ぜ合わせるだけ。

簡単朝ごはんの出来上がり♡

氷を使わない代わりに冷凍したバナナを使用しています☺︎
甘みが足りなければお好みでハチミツを足してみてください♡
ほんのりキャベツが香るくらいなのでとっても飲みやすい野菜入りスムージーです✧

僕は個人的に甘ったるい仕上がりよりも少し酸味がある方が好きなので、
プレーンヨーグルトを多めの比率にしたり、
レモン汁を加えて酸味を足してスムージーを作ることが多いです。

好きなものを入れられるところが自家製スムージー作りの良さだと思うので、
その日の冷蔵庫の中にあるもので作ってみるのもいいかもしれません✧   

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です