カリウムたっぷり✧切り干し大根の煮物

Pocket

こんにちは。
Holistic Delica Labo店長の【くま】です☺︎

今日は常備野菜に便利な”切り干し大根”を使って
栄養たっぷりな副菜を作ってみようと思います♡

切り干し大根の栄養素と効果。

切り干し大根”は自然の現象を利用して作られる保存食材のひとつ。
天日でじっくり干すことで栄養も旨味もギュッと凝縮されているので
とっても優秀な食材ですよね☺︎

▼▲ カリウム ▲▼

中でも”カリウム”の含有量は野菜の中でもずば抜けています✧

カリウムとはミネラルの一種で、
ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを防ぎ、
尿として身体の外に排泄するのを促す役割を担っている成分。
塩分をとりすぎることによる細胞内のナトリウムの増加は、
カリウムとの体内バランスが崩れ”むくみ”の原因になります。
そのため塩分を減らした食事をとることも大切ですが、
同時にカリウムを積極的に取り入れることでもむくみ防止、改善につながるんです。

▼▲ 食物繊維 ▲▼

その他にも、切り干し大根は”食物繊維”を含む量もとても多く、
その食物繊維は水溶性のもの。

水溶性の食物繊維は腸内でゲル状になり、
身体の中の不要なものをまとめて外に排出する役割をしています。
腸内の善玉菌のエサにもなるため、腸内環境を整えるのにも有効的✧

またコレステロールの上昇を抑え動脈硬化を予防したり、
急激な血糖値の上昇を防ぐ働きもするため
糖尿病の人は特に積極的に摂りたい栄養素のひとつでもあります。

切り干し大根の煮物の作り方

そんな優秀保存食材の切り干し大根を使って煮物を作ります♡

ではではさっそくお料理スタート☺︎

用意したものは

  • 切り干し大根 40g
  • 人参 1/2本
  • 揚げかまぼこ 2本
  • 醤油 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • ほんだし 少々

まずは切り干し大根を水で揉み洗いして汚れを落とします。

そのあと水でもどしていきます。

切り干し大根をもどす時のポイントは、
ボールに入れた切り干し大根が軽く浸かる程度の水でもどすこと。
この戻し汁には切り干し大根からでた旨味と栄養が含まれているので
捨てるのは勿体なさすぎます!!
あとで一緒に煮込んでいくので必ず取っておいてください✧

切り干し大根を戻している間に
人参を千切りにカット。

揚げかまぼこもカットしていきます。
今回は揚げかまぼこを使いましたが油揚げやちくわなどでも美味しく出来ますよ♡

お鍋に油を引いて、
先ほどもどしておいた切り干し大根を炒めていきます。
戻し汁はまだ入れないでくださいね。

次に人参を入れて炒め、
揚げかまぼこを投入。

混ぜ合わさったら戻し汁を加えて、さらに調味料を加えていきます。

あとは人参が柔らかくなるまで煮込めば完成♡

美味しく出来ました♡

戻し汁の量のほか、使うお醤油は各家庭ごとに違うと思うので、
お好みの味で入れる量は調整してみてください。

ちなみに我が家で愛用しているお醤油は
鎌田醤油のだし醤油。

このお醤油に出会ってからは必ず自宅に常備しているお醤油のひとつです。
だし入りのお醤油なので煮物を作るときには特に重宝しています☺︎
この鎌田醤油のだし醤油と、キッコーマンの極旨醤油の両方を加えて作る
切り干し大根の煮物がくま的には一番好みの味付け…♡

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です