旬のお野菜♡新玉ねぎを味わえるうちに

Pocket

こんにちは。
Holistic Delica Labo店長の【くま】です☺︎

早くも5月後半。
スーパーに出回る”新玉ねぎ”は4月から5月と言われているので、
手軽に購入できるのもあともう少しです。
普通の玉ねぎは辛味が強く、生で食べるのは少々苦手…という方も多いと思います。
そのため新玉ねぎの魅力といえば、やはり”甘み”ですよね♡

玉ねぎに含まれる栄養素と効果。

▼▲ 硫化アリル ▲▼

玉ねぎに含まれる辛味成分の”硫化アリル”は
血液をサラサラにする効果がある事で有名ですが、
実はこの成分、玉ねぎを生で食べると一番効果的に摂取できるんです。
揮発性の成分なので切ったらすぐに食べるのもポイント✧

また水溶性の成分でもあるので水にさらす事で大切な成分が逃げてしまいます。
なので新玉ねぎは生のままでもとても食べやすく、
今時期に是非取り入れたいオススメの食材なんです☺︎

▼▲ フラボノイド ▲▼

フィトケミカルの観点からお話しすると、
フラボノイド”という成分が玉ねぎには含まれています。

これは毛細血管の血管壁を強くして、血流を促す効果があると言われています。
毛細血管が弱いとどんな事が起こるのかというと、
青アザが出来やすい、歯茎から出血しやすいなどが分かりやすい例かもしれません。
他にも動脈硬化の改善、血液中の脂肪の量やコレステロール値を下げる効果なども
期待されるなど玉ねぎには血液に働きかける力が沢山含まれている事がわかります✧

▼▲ プロスタグランジンA ▲▼

血液をサラサラにする理由のもう一つに、
プロスタグランジンA”という成分があります。

これは野菜の中では唯一玉ねぎにしか含まれていない成分で、
血管拡張の作用で抹消血管の抵抗を減らして血圧を下げる作用があると言われています。

漢方医学では玉ねぎには
肝臓の保護、利尿作用、腸に潤いを与えるなどの効果があると考えられ、
免疫力を高める食べ物として取り入れられています☺︎

通常玉ねぎは保存が出来る様に収穫後乾燥させてから出荷されます。
周りが茶色くなっているのはそのため。
新玉ねぎは収穫さてれそのまま出荷されるため水分が多く腐りやすいという点があります。
なので保存は必ず冷蔵庫で。赤や白玉ねぎも同様です。
普通の玉ねぎは風通しの良い涼しい場所で保存が可能です☺︎

という事で、
今日は玉ねぎのお話でした☺︎

血液の美活で身体の中からも美しく✧
旬のお野菜を食卓に取り入れてみるのはいかがでしょうか??
くまも今日は新玉ねぎのサラダをいただきます♡

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です