昆布がもつ旨味成分グルタミン酸で脳の活性化。

Pocket

こんにちは。
Holistic Delica Labo店長の【くま】です☺︎

今日は”昆布”のお話しを少しだけ。
昆布は免疫力を高める食べ物のひとつなので積極的に取り入れたい食材です✧

昆布の栄養素と効果。

▼▲ グルタミン酸 ▲▼

昆布のもつ旨味成分”グルタミン酸”は
非必須アミノ酸の一種。
この成分は脳の活性化に役立つんです☺︎
なので認知症にも効果的。

その他にも老化防止、潰瘍の傷の治りのサポート、
アルコール依存症の抑制など様々な効果を持つ成分なんです✧

▼▲ 多糖類 ▲▼

昆布に含まれる”多糖類”は
血管の硬化、脳卒中予防などに効果があるとの研究データがあり、
免疫機能の増強や悪玉コレステロール値の上昇を抑制してくれる働きもあります。

▼▲ ヨウ素 ▲▼

先日のワカメとキュウリの酢の物の記事でも触れた”ヨウ素”が
ワカメ同様、豊富に含まれている昆布。
乳腺がんの予防、治療にも効果があるとされている成分です。

その他にも”カリウム”が豊富なのでむくみ対策にも有効的ですし、
漢方医学では結石やリンパ腫を柔らかくしたり、
結核、便秘、高血圧にもいいとされているんです。

なぜ昆布について書いたのかというと、
昆布をきらしてしまったので買いに行ってきました☺︎
乾燥昆布はお出汁を取るのに必需品ですよね。

ちなみに今日は日高昆布を買いました♡
別名、三石昆布とも呼ばれる昆布で、
柔らかく煮えやすいのが特徴なんです☺︎

 

乾燥昆布はたくさん種類があるので
まだまだお勉強中のジャンル。
いつか小料理屋さんで出てくるような
味わい深いお出汁がとれるようになるのが夢です♡

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です